エピソード4: ¡Feliz año nuevo! ぶどうと迎える新年 〜スペイン・マドリードー〜 | 特派員は見た!

スペイン留学中のミドリです。

スペインで新年を迎えるときの必須アイテムは何でしょう?


―答えは「ぶどう」です。


スペインでは大晦日、年越しを知らせる12回の鐘の音に合わせてぶどうを食べるという習慣があります。豊作で余ったぶどうを売りさばくために「幸運のぶどう」として売ったのが始まりだと言われています。12月後半になると、街中いたるところにぶどうが売られているのを見かけます。カウントダウンの様子はテレビ中継され、人々はテレビ越しに12粒のぶどうを食べます。


今年は人生で初めて、海外で年越しをすることになりました。どこで年越しをしようか迷っていたのですが、マドリードのカウントダウンといえばお馴染みのPuerta del Sol(プエルタデルソル)に行ってきました。


写真:クリスマスシーズンのプエルタデルソルの様子


大晦日の夜9時頃、プエルタデルソルの周辺にはすでに長蛇の列が。カウントダウンの会場に入る人の列でした。「一度人混みに入ると何時間も出られない」「ワインボトルが降ってくる」などの怖い噂を聞いていたので、そこには並ばず、日付が変わる直前まで近くのバルで過ごしました。


12時10分前、12粒のぶどうをビニール袋に入れ万全の状態で現場へ向かいました。あたりはぶどうを手にした人々でいっぱいです。観光客が多いのか、様々な国の言葉が飛び交っています。


そして、深夜12時。「わ~」という微妙なざわめきとともに新年を迎えました。鐘の音は…聞こえないため、各々適当なタイミングでぶどうを食べました。まもなくすると花火が打ち上げられました。(私のいた場所は死角になっていて、光と煙しか見えませんでした)皆「フェリスアニョヌエボ!(Feliz año nuevo)」と新年の挨拶をしながら抱き合います。ベストポジションではありませんでしたが、大勢で迎えるカウントダウンは高揚感があり楽しめました。


年越しに浮かれる人々の一方で、街は大勢の警察で物々しい雰囲気でもありました。

何事もなく新年を迎えることができ、本当に良かったと思います。

2017年、世界がより平和になることを願うばかりです。

シブヤ大学 週末アジア旅倶楽部

2015年1月にスタートしたシブヤ大学の公認サークル「週末アジア旅倶楽部(通称: アジ旅)」は、日本を含めた世界の国々を大学のキャンパスに見立てて、旅好きのメンバーが「旅」や「世界各国の文化(アジア以外も!)」をテーマにした様々なイベントを自分達で企画・開催しながら、旅人感覚のライフスタイル楽しんでいます! 週末アジア旅倶楽部への参加をご希望の方はオフィシャルサイトの「参加方法」をご確認ください。