エピソード2: 大切なのは語学力より運?! 留学中の家探し 〜スペイン・マドリードー〜 | 特派員は見た!

寒くなりましたね。日本のお風呂が恋しいミドリです。

約半年の留学生活のうち、前半はホームステイ、後半は現地でアパートを探すと決めていたのですが、帰国までの2か月はシェアハウスに住むことになりました。家探しの方法は色々ありますが、今回は私が経験したマドリードでの家探しについてお話ししようと思います。


シェアハウスは2~3人で住んでいる家から10人以上の大所帯まで様々。個室の寝室があり、キッチン、バス・トイレは共同。調理器具や家具がそろっていて、身一つで引っ越しできるのが特徴です。もちろんスペインでも一人でアパートを借りることはできますが、学生・仕事をしていない人が借りるのは難しく、家賃も高いです。一方シェアハウスであれば光熱費等込みで300~500ユーロくらいでマドリードのど真ん中に住むことができます。


物件探しで有名なサービスのひとつに、idealista(イデアリスタ)があります。

idealistaは不動産屋や家のオーナーが物件情報を掲載しているサイトです。家の写真や詳細を見て、オーナーに連絡をしていきます。スペイン語に自信がなかったので、はじめはサイトのメッセージ機能やWhatsAppで連絡をしていましたが、ほとんど返信がありませんでした。仕方がないので電話をすることに。


「部屋空いていますか?」

「もう貸しちゃったよ」「長期の人に貸したいから無理」


そんなやりとりを幾度となく繰り返し…最終的には50軒くらいの家にコンタクトを取りましたが、内見できると返事があったのは2軒だけでした。


そのうちの1軒は、オーナーいわく「僕のママが絵のアトリエとして使っていて、時々そこで食事をしているよ」とのこと…。住みたいエリアではありましたが、断念しました。もう1軒は感じの良い女性のオーナーの家で、住人は彼女を入れて3人。家に入った瞬間良い香りがし、部屋やキッチンも清潔で、落ち着いたインテリアが素敵でした。翌月から住むことに決めました。


そもそも物件が少ない時期であったこと(9、10月は学生の新学期が始まっているため)と入居期間の短さのため、内見に至るまでは大変でしたが、1軒見に行っただけで決められたのはとてもラッキーでした。


初めてのシェアハウス暮らし、どんな生活になるのか今から楽しみです。

シブヤ大学 週末アジア旅倶楽部

2015年1月にスタートしたシブヤ大学の公認サークル「週末アジア旅倶楽部(通称: アジ旅)」は、日本を含めた世界の国々を大学のキャンパスに見立てて、旅好きのメンバーが「旅」や「世界各国の文化(アジア以外も!)」をテーマにした様々なイベントを自分達で企画・開催しながら、旅人感覚のライフスタイル楽しんでいます! 週末アジア旅倶楽部への参加をご希望の方はオフィシャルサイトの「参加方法」をご確認ください。