エピソード2: 新たな門出の祝い方 ~インドネシア・ブキティンギ〜 | 特派員は見た!

皆さんこんにちは。テルです。

私は国際交流基金の日本語パートナーズとしてインドネシア・ブキティンギの高校で日本語の授業のアシスタントをしています。3月までの滞在予定で、帰国へのカウントダウンが始まった今、もっと日本の文化を伝えたい。もっとインドネシアのことを知りたい。という気持ちが増えています。


今回はインドネシアの結婚式についてお伝えします。

日本では結婚式のおよばれというと数ヶ月前に案内が来て、予定を空けておいて、何を着て行こうか?と楽しみに待ちますよね。

インドネシアのおよばれは突然やってきます。だいたい1週間前です。(前日ということもあります!)


私の住んでいるブキティンギは西スマトラ(ミナンカバウ)に位置しています。結婚式もミナンカバウスタイルです。

披露宴は1日中です。招待客は自分が行ける時間に行きます。会場に着くとたくさんの看板に目を奪われます。新郎新婦をお祝いする職場や友人、家族からの贈り物です。(記事トップの画像です)


看板を眺めた後は会場に入り、まず受付です。名前を書きます。

そして、ご祝儀をポストのような箱に入れます。

日本のような豪華なご祝儀袋ではなく、ポチ袋や、紙で包んである時もあります(笑)


受付が済んだらまずは、腹ごしらえ!!

ビュッフェスタイルで、食べたいものを盛ります。(ちなみに大体辛いです)

席に着いてご飯を食べながら歓談。


様子を見て、新郎新婦との記念撮影へ!


新郎新婦の衣装はミナンカバウの伝統的な服です。とても豪華できれいですよね。新婦がかぶっている冠は昔はとても重かったそうですが、今は軽量化されているようです。そして、飾り付けがとても豪華!!

会場ではプロによる生演奏や生歌、時には親族のカラオケが流れており、終始賑やかな雰囲気です。


写真撮影の後は、あっさりと(?)帰ります。

日本のような大体的な式ではなく、ふらーっと気軽にお祝いできるインドネシアの結婚式もいいですよね。

以上、インドネシアの結婚式でした~

シブヤ大学 週末アジア旅倶楽部

2015年1月にスタートしたシブヤ大学の公認サークル「週末アジア旅倶楽部(通称: アジ旅)」は、日本を含めた世界の国々を大学のキャンパスに見立てて、旅好きのメンバーが「旅」や「世界各国の文化(アジア以外も!)」をテーマにした様々なイベントを自分達で企画・開催しながら、旅人感覚のライフスタイル楽しんでいます! 週末アジア旅倶楽部への参加をご希望の方はオフィシャルサイトの「参加方法」をご確認ください。