エピソード2: お店でのうっかりミス 〜オーストラリア・シドニー〜 | 特派員は見た!

お店で買い物をした時、オーストラリアでは店員さんの返却忘れがとっても多い気がします!笑

Opal card(SuicaやPASMOのような、シドニーで使われている交通ICカード)をコンビニでチャージするために店員さんに渡しましたが、カードを返すのを忘れられてたり…

$30の本を$50で買った時のおつりを返されなかったり…(おいおい、$20の返し忘れは大きいよ…)

意地悪やぼったくりではなく、本当に忘れられています。


さすがに1日2回このようなうっかりミスに遭遇した時はビックリしました!笑

そういう時は笑顔で「返し忘れてるよ〜」と言いましょう。

笑顔で!これ大事!

オーストラリアだけでなく海外にいれば、「自分がしっかりしていなければ!」という思いを持たざる得ないですよね。


もちろん、日本のように何でもしてくれる、至れり尽くせりのサービスってすばらしいです。

お客さんの思いを汲み取って、言われる前に気づき、行動する。この行動指針が日本のサービスの根底にあります。

しかし、私たち日本人はそれに慣れてしまうと、受け身で自分から行動が起こせない、起こし方が分からない人になってしまうのでは…と思います。


オージーのように「It’s OK, no worries〜♪」と言う陽気さと、自分が主張すべき所は主張する自主性、この二つをうま〜くバランスよく併せ持つことが大切なのだと実感します。

私には難しいと感じることが時々ありますが、前よりは上手になったかな〜。

「︎No worries」はオージーがよく使う言い回しで、「Thank you」や「I’m sorry」と言われた時に、「気にしなくていいよ〜」というニュアンスで使います。


みなさんも、もしオーストラリアに来て店員さんの返し忘れやミスに遭遇したら

☆笑顔で指摘

☆「No worries」と言ってあげる

この2点を実践してみて下さい♪

きっとあなたもオージーとの距離がグッと縮まるでしょう!

0コメント

  • 1000 / 1000

シブヤ大学 | 週末アジア旅倶楽部

シブヤ大学 週末アジア旅倶楽部は「アジアはキャンパス」をコンセプトに色々なアジアの国々を大学のキャンパスに見立てて、「アジア」や「旅」をテーマにした企画やイベントを通じて、現地の様々な魅力を学びや遊びに翻訳していきます。アジアの文化や旅人のライフスタイルを楽しむことに興味のある旅人をお待ちしています!