エピソード0: 自己紹介編 〜アメリカ・シアトル〜 | 特派員は見た!

会社を辞めて、アメリカに4か月行ってきます。

テンプグループ・チャレンジウーマン・スカラシップという制度に縁があり、10年働いた会社を辞め、向かった先はシアトル。


渡米の検討を開始する前のシアトルのイメージは‥スターバックスやアマゾンの本社がある?

イチローがいる?(あれ?もういない?)程度でした。(シアトルよ、ごめんなさい。)

※今はマリナーズで岩隈投手と青木選手が活躍しています。


どんな旅もそうであるように、私の旅も日々、驚きの連続です。

早1ヶ月生活した私の目に映るシアトルは‥「人」。

この地に住む人のマインドがこの場所を作り、人を惹きつけているのではないかと思っています。


例えば、私の通っていた語学学校のあるキャピトルヒルという地区。

横断歩道の色はレインボーカラーです。

この地区にあるほとんどのお店の店頭にはレインボーのフラッグが。

ご存知の方は多いかもしれませんが、これはLGBTフレンドリーの証。

とても居心地の良い場所です。


ところで、こちらでよく感じるのは「私、全然、アジア旅してなかったな」と言う事。笑

日本にいる時よりも、日本人である事、アジア人である事を意識する機会が多いのかもしれません。

オススメのアジアの旅先を聞かれた時、アジア人の事を聞かれた時、困ってしまって、「なんでこんなに近いのに旅してなかったのかな?」と思ったりします。

週末で十分楽しめる良いロケーションに日本はあるのに!


皆さんはそんな事が無いように、たくさん週末アジア旅してくださいね。笑


シアトルに2ヶ月、その他、ポートランドやロサンゼルスにも生息(!?)し、記事をお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000

シブヤ大学 | 週末アジア旅倶楽部

シブヤ大学 週末アジア旅倶楽部は「アジアはキャンパス」をコンセプトに色々なアジアの国々を大学のキャンパスに見立てて、「アジア」や「旅」をテーマにした企画やイベントを通じて、現地の様々な魅力を学びや遊びに翻訳していきます。アジアの文化や旅人のライフスタイルを楽しむことに興味のある旅人をお待ちしています!