犬とヒマラヤ | アジ旅日記

世界中を訪れた旅人はいつしかインドかハワイに行き着く…なんて話を旅先で聞いたことがある。


そんなインドに憧れて近所の書店で手にとったガイドブックには、現地の気候についてわかりやすく説明されていた。「インドには3つの季節があります。Hot・Hotter・Hotest。」暑さから逃れる為に世界地図を広げてみたら、インドの真上にあった国がネパールだった。


到着後、両替をしようと思ったらバックパックに入れていた現金がない…。空港の荷物チェック、後にも先にもあの時だけ。全財産の半分を失ったショックよりも、自分の迂闊さが可笑しかった。


悪路に揺られながら向かった先は標高2,100mにある村、ヒマラヤの展望台「ナガルコット」。人生で1度くらいは世界一の山を見てみたい。空港から約2時間。到着した天空の村は雲海に囲まれていて、遥か彼方にある神々が住む山が姿を見せることはなかった。

ネパールなんて来るんじゃなかった…。真っ暗な宿の布団の中で、今頃になってお金を盗まれた不安がジワジワと滲み出て来た。


ふと目が覚めて、時計を見たらAM4:30。窓を開けて見上げたら空はまだ薄暗くて、2頭の黒い犬がこちらを見ているのに気がついた。

眠い目をこすりながら宿から出たら、ちょっと怖いくらい大きなやつが尻尾を振って戯れてくる。彼らの毎朝の散歩道。犬の目線の先には朝焼けの雲海にヒマラヤが浮かんでいた。ほんの15分ほどの出来事。気がついた時には彼らはいなくなっていた。


大好きになったネパールでの、どこか非現実的で夢のような思い出話。

0コメント

  • 1000 / 1000

シブヤ大学 | 週末アジア旅倶楽部

シブヤ大学 週末アジア旅倶楽部は「アジアはキャンパス」をコンセプトに色々なアジアの国々を大学のキャンパスに見立てて、「アジア」や「旅」をテーマにした企画やイベントを通じて、現地の様々な魅力を学びや遊びに翻訳していきます。アジアの文化や旅人のライフスタイルを楽しむことに興味のある旅人をお待ちしています!